製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 妊娠すると虫歯になりやすくなるの

妊娠すると虫歯になりやすくなるの

 

妊婦さんのお口の中は、ホルモンバランスの変化(エストロゲンやプロゲステロンの増加)によって、だ液の分泌量に変動が起こりやすくなります。妊娠中はつわりがおきるだけでなく、食事の内容が変化して一度に食べられる量が減る代わりに食べる回数が増えてしまうので、歯磨きGC ルシェロ 歯みがきペースト (ラ・フランス)10本 医薬部外品もおっくうになりがちです。
歯磨きがしにくくなることで、お口の中が不衛生になり、新たな虫歯ができてしまうのです。

また、妊婦さんの約半数以上が歯肉炎になるといわれています。
歯周病菌は女性ホルモンを栄養として繁殖するため、女性ホルモンが増える妊娠中は、歯周病や妊娠性の歯肉炎、妊娠性エプーリス口内炎といったさまざまな粘膜の病気が起きやすくなります。

つまり、赤ちゃんに栄養を取られて歯が悪くなるわけではなく、妊娠中による体調や生活習慣の変化によって、虫歯などの病気になりやすくなる、ということなのですね。


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp