製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 顎関節症症状が消失してからの歯科治療

顎関節症症状が消失してからの歯科治療

    時折、顎関節症の症状が消えていないのに、むし歯治療や入れ歯治療を受けてしまう患者さんがいます。症状が消えていないというのはどのような状態かというと、通常の生活をしている中ではあまり不自由を感じてはいないのですが、体調が悪化したり、疲労が溜まってくると口が開きにくくなり、大きく開口しようとすると顎関節や筋肉が痛むという状態でなかなかしたいことをできません。これは言うなら「隠れ顎関節症」の状態であり、以前の顎関節症から完全には回復していないのです。治療を受けるときに、ハンドピースなどにより行いますが、他に欠かせない器具もあります。

 

  このような状態にある時は左右にある顎を動かす筋肉のバランスが取れていないために、元々のかみ合わせからずれてかんでいるのです。このようにかむ位置が不安定な状態のままでかみ合わせを作る治療を行ってしまうと、不安定な位置ですから当然ですが、その位置でかみ続けることが苦痛になります。結局はまた治療をやり直すことになるのです。歯科医の中にはそのような状況を判断できない場合もあるため、このような無駄な治療を受けないためには、患者さん自身が顎関節症の症状の消失を確認できる事が必要です。

 

  完全に機能が回復した場合は、最大まで口を開いても痛みはないはずです。両手を使って無理矢理口をこじ開けても痛みが出ません。こうなっているなら回復は完全と言えます。音に関しては残るかもしれませんが、痛みがなく音だけであれば心配はいりません。問題は痛みです。痛みが完全に消えているなら、歯科治療を受けても大丈夫です。

 

  顎の開閉運動、そしゃく運動も安定しているはずですので、歯科治療によってもっとかみやすくなるでしょう。また歯列矯正治療を受けて美しい歯並びにすることも可能です。こうしてかみ合わせを良くすることは,原因のところで説明した寄与因子を減らすことにもなりますので、再発のリスクを小さくすることにもなります。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp