製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 3Mixについて

3Mixについて

  虫歯ときたら、是非3Mixという治療法も耳にしたことがあると思います。3Mix法とは、3種類の抗菌剤を混合した薬品を痛む虫歯に詰めて虫歯菌を殺し、痛みを鎮める方法です。3Mixに関する歯科機械も多くされています。

 

 むし歯は、口の中にいる無数の細菌が、食べかすなどから酸をつくり、その酸が歯を溶かすことで起きる歯の病気です。歯の表面のエナメル質を溶かす(C1の段階)にはある程度の時間が必要ですが、その下の象牙質に達すると(C2の段階)いきなり浸食の速度を速め、あっという間に広がってしまうので、早期の治療が大切であることは言うまでもありません。

 

 3Mix法通称「スリーミックス法」という治療法がそれです。これは、病巣を取り除かずに殺菌して自然修復を促すのが特徴です。軟化象牙質や感染した歯髄もできるだけ温存します。代わりに3種混合抗菌剤を調合してむし歯の穴におき、そのまま穴をふさぎます。こうするだけで、抗菌剤が歯の隅々まで浸透して歯髄を含む歯全体を無菌化してくれます。また、軟化象牙質もカルシウムが沈着するなどして再び硬くなってくれます。

 

 3Mix法の特徴として、削る部分は必要最低限で、神経を残したまま痛みがとれるので歯の強度を保つことができる点が挙げられます。そのため、お子さまの歯の成長にも有効です。従来の治療法で神経を取ると痛みは消えますが、歯はもろくなり、硬いものをかんだりするちょっとしたことで折れてしまうことがあります。また、痛みを感じないので、虫歯が進行しても気がつかず、歯を失ってしまうこともあります。

 

 今の歯科治療では、3Mix法を利用して、神経を守られます。最も信頼できる治療法だと思います。

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp