製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ラミネートベニアの特徴と欠点について

ラミネートベニアの特徴と欠点について

ホワイトニングや歯のクリーニングなど、さまざまな処置を施しても歯が白くならないような場合、さらに一歩踏み込んだ治療を行います。これはラミネートベニアと呼ばれる手法です。

 

ラミネートベニア法は歯の表面を薄く削り、セラミック製の板を貼りつける治療法です。短期間で歯の見た目を白くできるほか、軽い歯並びの乱れなら、貼りつける板の大きさを調整することで目立たなくできます。審美歯科治療は専門な器材(歯科通販)が必要です。

 

ラミネートベニアの欠点

多少ですが、自分の歯を削らなくてはならない

ホワイトニングよりも高額である

セラミックなので、欠けたり、割れたりすることがある

 

ラミネートベニアの長所

歯の切削量が少なく、神経を抜く必要もない

前歯の色調、形態、空隙などを変えることが出来る

ホワイトニングでは効果が出にくいケースでも対応できる


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp