製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 四つの矯正方式の紹介

四つの矯正方式の紹介

ハーフリンガル矯正

上顎は舌側矯正、下顎は唇側矯正で治療を進めていく方法です。舌がある下顎は表側につけることで話しやすく、上顎は舌側なので目立ちにくい、上下リンガルより矯正治療費が安いなどのメリットがあります。矯正する前には歯科レントゲンによる検査は必要です。

 

コルチコトミー

歯を早く移動させるために、歯肉を剥離し、骨にスジを入れる、ワイヤー矯正のオプション手術です。矯正装置を付ける前に手術を行い、骨の代謝を促して歯の動くスピードを早くします。

 

マウスピース

マウスピース型の透明な装置を付け替えていく全く新しい矯正歯科治療の方法です。従来使用しているブラケットタイプの矯正装置ではなく、見た目を気になされる方に最適な矯正治療方法です。

 

リンガル矯正

歯の裏側にブラケットやワイヤーを着ける固定式の装置です。歯の表側に装置を着けないので、外から装置がほとんど見えません。慣れるまで発音しにくい場合もありますが、人に気づかれずに矯正したい人に合った治療法です。 特殊な装置なので費用は表側矯正よりも高めで、矯正医によっては、治療できる症例や治療期間などが異なる場合があります。  

http://www.athenadental.jp/category-2061-b0-歯科レントゲン.html


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp