製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > セラミック治療の種類と特性

セラミック治療の種類と特性

オールセラミック

すべてセラミックでできた補綴物による治療方法です。歯の色や形を整えるだけでなく、透明感があるため、自然な仕上がりが実現します。また、金属を一切使用しないため、金属アレルギーの心配がありません。前歯の見た目をきれいにしたい天然歯と同じような仕上がりにしたいという方におすすめです。

 

メタルボンドセラミック

メタルボンド冠は、金属に陶材(歯科材料)をコーティングしてあるかぶせ物です。 金属の持つ強度と陶材(セラミック)の持つ審美性を兼ねそなえた治療法ということができます。

 

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとは、プラスチックとセラミックによる歯冠修復用の複合素材で、義歯や小さい虫歯の詰め物などに適しています。色や光沢が本物の歯に近く、口を開けた際に銀歯のように目立たず、治療跡も全く判らなくなるほど。「金属の詰め物が気になって仕方ない」という方にお薦めです。

 

ラミネートべニア

歯の形に不満があったり、変色がつよくホワイトニングでは対応できない場合に歯の表面を一層削り、ちょうど女性のつけ爪のようにセラミックのシェルを貼り付け、歯の形態や色調を患者様の希望通りに治療する方法です。

http://www.athenadental.jp/

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp