製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > よく使われる矯正方法について

よく使われる矯正方法について

表側矯正

矯正治療の中では最も一般的なもので、金属またはセラミックの矯正装置を歯の表側(唇側)に取り付けて行う矯正治療です。歴史も深く、症例や装置の種類が豊富にありますので、治療的にも最も確立されております。矯正の前に口腔洗浄器で口腔をきれいに清潔することを勧めます。

 

舌側矯正

舌側矯正とは、裏側矯正とか、マルチリンガル矯正とも呼ばれています。従来の装置と異なり、歯の裏側にブラケットやワイヤーを装着する治療法です。外から装置見えないので、人に気づかれないで治療したい方に合っています。

 

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、一人一人の為にカスタムオーダーで取り外し可能なマウスピース型の矯正装置です。治療目標の達成まで定期的に新しいマウスピースに交換しながら歯を徐々に動かしていきます。

 

インプラント矯正

あごの骨に矯正用インプラントを埋め込み、それを利用して歯の移動を行います。大きな手術は必要としません。ヘッドギア等の大きな装置のかわりに、この装置を使用し歯列を奥に移動させたり押し下げたりします。また、インプラント部を支点に、動かしたい歯を引っ張ると、その歯だけがスムーズに移動してくれます。

http://www.athenadental.jp/category-2132-b0-Water-Pik-ウォーターピック.html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp