製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の原因と歯のクリーニング

歯周病の原因と歯のクリーニング

歯の根を支えている歯槽骨が溶けてなくなるために、歯を失う病気を歯周病といいます。少し前までは歯槽膿漏と呼ばれ歯ぐきから膿が出るといった症状を表したもので、正式な病名は歯周炎と言います。また、歯ぐきが腫れているだけの状態を歯肉炎といいこれらを総称して歯周病と呼びます。

 

こんな恐ろしい病について、多くの方はなんとなくの知識を持っていると思います。テレビのCMなどでも、頻繁に歯周病対策の歯磨きなどが宣伝されていますので。しかし、この歯周病、実は対岸の火事といったような他人事の疾患ではありません。なんと20代以降の日本人の7割以上が、程度の差こそはあれ、歯周病にかかっているのです。

 

歯周病になっている場合、心筋梗塞になる危険率は2.8倍、脳卒中になる危険率は3倍と研究論文で報告があります。歯周病の治療と定期的なクリーニングは受けましょう。クリーニングを行う時に超音波スケーラーを利用することがあります。

 

クリーニングについて

ラバーカップやラバーチップ等の特別な器具を用いて、歯の表面を磨いていきます。黄ばみや着色がある方は、本来の歯の色を取り戻せる場合があります定期的にクリーニングを行うことにより、歯や歯茎の周囲からプラークという、むし歯や歯周病の病原菌の巣を取り除くことができ、それらの病気の発症や再発を防ぐことができます。

http://www.athenadental.jp/category-2020-b0-家庭用・歯科用超音波スケーラー.html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp