製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > プラークと歯周病の関わりについて

プラークと歯周病の関わりについて

歯周病は、歯肉や歯槽骨の組織がじわじわと破壊される病気で、初期には自覚症状がなく、気付きにくいため「静かなる病気」とも言われています。厚生労働省の歯科疾患実態調査概要によると、じつに成人の70%以上が歯周病と推定されているほどです。

 

歯周病の原因は細菌性プラーク

プラークとは、歯にへばりついた歯垢のことです。歯垢は、細菌のかたまりで、この細菌が歯肉や顎の骨などの歯周組織に炎症を起こします。プラークコントロールは、プラークを定期的に除去することをいいます。正しい歯みがきをすることで、プラークは除去できます。歯周病の最大の予防法・治療法は、歯みがきです。超音波スケーラーによる歯石は歯周病の予防に有効です。

 

歯周病はサイレント・ディシーズ

糖尿病、高血圧症、心臓病といった生活習慣病に共通しているのは、初期段階では本人にあまり自覚症状がないことです。このような病気のことを、サイレント・ディシーズ(静かな病気)と呼んでいます。生活習慣病のひとつである歯周病もその仲間。気がついたときには、かなり進行しているケースが多いのです。

 

歯周病予防には、セルフケアだけでなく歯科医院で定期健診を受けることも大切です。健診の間隔は、歯周病の状態・プラーク(歯垢)や歯石のつきやすさなどで、一人ひとり異なります。間隔は、少なくとも1年に1度は受けることをおすすめします。

http://www.athenadental.jp/category-2020-b0-家庭用・歯科用超音波スケーラー.html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp