製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > セラミック治療の類型について

セラミック治療の類型について

セラミックインレーは、セラミックの詰め物で虫歯をきれいに治す方法です。従来より、インレー法で使う詰め物は金属が使用されていましたが、審美性を高めるためセラミックを使用するセラミックインレー法が開発されました。虫歯が比較的小さくその範囲が狭い場合や、奥歯の金属の詰め物が気になる方に用いられます。金属と違って歯の色を自由に調整できますので、美しく自然な仕上がりが期待できます。インレー治療は照射器関連用品を利用することがあります。

 

オールセラミッククラウン法は、その名の通り素材はすべてセラミックのため、色合いや透明感まで天然の歯にそっくりにできる治療方法です。オールセラミッククラウン法の料金は他のクラウン治療より少し高めですが満足度も高いので作る価値がある方法と言えるでしょう。とにかくきれいにできることがメリットで、その仕上がりの美しさから最も目立つ前歯に適しています。

 

セラミックラミネートベニア法

ラミネートベニア法は、セラミック製の付け歯で歯を白く見せたり、歯並びを美しく見せる審美歯科の治療方法です。手法としてはネイルアートの付け爪の原理によく似ています。安全で、耐久性があり、しかも美しく自然な感じに仕上がりますので歯を美しくする審美歯科の主流となっています。

 

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックスとは、ナノフィラーと呼ばれる超微粒子セラミックスをレジンの中に高密度に混ぜ合わせたもので、セラミックスとプラスチックの特性を合わせ持つ新素材です。セラミックスのような美しさと硬さがあり、プラスチックのような粘り強さがあります。

http://www.athenadental.jp/category-2035-b0-可視光線照射器.html


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp