製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > インプラント手術後の痛み

インプラント手術後の痛み

 インプラント治療の現場では技術が進歩し、麻酔から治療まで、無痛で受けることもできるようになりました。しかし、手術中ではなく、終わったあとに痛みに襲われることもあります。

歯科用インプラント装置での手術を終えた後には歯茎が腫れることがあります。その際に痛みを感じることがあります。この痛みは歯科医から処方される痛み止めで十分対応できるうえ、短期間で収まるため、本来それほど心配するものではありません。しかし術後の経過によっては長期間にわたって痛みが引かないこともあります。

この場合、インプラント手術そのものが失敗した可能性があります。埋め込んだインプラントの噛み合わせが悪かったなどが原因でずっと痛みを抱えてしまうことも多いのです。また術後に感染症にかかってしまうリスクもあります。

通常なら2~3日程度で痛みは引きますから、それ以上痛みを感じる場合は我慢せずに医師に相談する必要があります。もし症状が悪い場合、周囲の歯にも悪影響を及ぼしてしまうこともあるので注意が必要です。

そのためにはアフターケアが充実している医療機関選びが重要になってきます。注目度が高まったことでインプラント手術を導入する医療機関も増えています。しかし中には十分な設備や技術を持たないにも関わらず安易に導入しているところもあります。

 

http://www.athenadental.jp/category-2057-b0-歯科用インプラント装置.html

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp