製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯槽膿漏(歯周病)に関する知識の紹介

歯槽膿漏(歯周病)に関する知識の紹介

歯周病とは歯槽膿漏とも呼ばれており、放置しておくと膿が出たり、歯を支える骨が溶けて歯がグラグラし、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。歯周病の怖いところは、痛みがなく進行すると言う事です。なんと、25歳以上の日本人の80%がかかっています。また、口臭の原因の多くが歯周病です。口腔洗浄器による口腔のケアは歯周病の予防に有益です。

 

歯周病の治療法

歯周病は何よりも予防が大切で、それでも歯周病になってしまった場合はスケーリング&ルートプレーニングなどの治療を行うことによって症状の改善を図るのですが、中度、または重度歯周病などの場合はこれらの治療法では症状が改善されない場合があり、そのような場合には外科的歯周病手術が行われます。

 

歯周病のチェックについて

歯肉がブヨブヨして、口臭が気になる。2歯がグラグラして抜けそう。3顎やリンパ節が腫れている。4食べ物が噛みづらい。5歯の根元見えてきた。6歯ブラシをするときに痛い。7歯ブラシをすると血が出る

 

歯周病予防対策について

歯周病の原因は細菌ですから、それをためない、増やさないことが基本です。そのためはまず、正しい口腔ケアを毎日実行することです。歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことが何より大切です。現在の考え方は日ごろのセルフケアと定期的な専門ケアを続けることが必須とされます。

http://www.athenadental.jp/category-2132-b0-Water-Pik-ウォーターピック.html

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp