製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 部分入れ歯とブリッジよりインプラントの特徴の紹介

部分入れ歯とブリッジよりインプラントの特徴の紹介

インプラント治療は、病気や怪我などで歯を失った方に最適な治療方法です。いままでの治療では、部分入れ歯やブリッジにするしか方法がなく、金具を付けるために健康な隣接歯を削る必要がありました。インプラントは、骨に直接インプラントという骨と相性の良いチタン製の土台を埋め込む治療法。インプラント治療の前にパルスオキシメーターなどの機器で体の状態を検査することを勧めます。

 

インプラント治療の利点

1、健康な歯と同じようにかめること
2、インプラントは長持ちすること
3、周りの天然の歯も長生きできること

 

インプラント治療のデメリット

1.手術が必要です。
2.
 体質や疾患によっては治療ができないケースがあります。
3.
 費用がかかります。
4.
 ブリッジや入れ歯などの治療よりも治療期間が長いです。

 

治療後のメンテナンスについて

歯科医による定期健診と自身による毎日のケアが必要となります。歯科医による定期健診は、はじめのうちは毎月、それから2ヶ月ごと、3ヶ月ごとと間隔が延びていきますが、個人差があります。加えて歯科医院で教わった正しい歯磨きを励行することでインプラントを長持ちさせることができます。

http://www.athenadental.jp/category-2018-b0-パルスオキシメーター・SpO2モニター.html

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp