製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病のメカニズムと治療の方法

歯周病のメカニズムと治療の方法

歯周病の発症のメカニズムはまだ完全には解明されていませんが、口の中の細菌がその主要因である事は良く知られています。歯周病原性細菌と呼ばれる細菌が作り出す毒素によって歯肉に限局して炎症を引き起こしたものを歯肉炎、歯を支える骨にまで炎症が波及し骨が溶けてしまう現象を歯周炎といいます。この両者の総称を歯周病と呼びます。

 

現在、日本では成人の80%以上が歯周病にかかっているとされています。歯周病は自覚症状がほとんどなく、気が付いたときにはずいぶん進行しているというケースがとても多いのです。気になる症状が現れた場合、歯周病のリスクが高まっていると言えるでしょう。口腔内カメラによる定期検診は歯周病の予防に有効です。

 

症状について

1、歯が痒い感じがする。2、歯と歯肉の間が赤くはれている、赤いような気がする。3、歯を磨くと出血することがある。4、歯肉から膿が出る。5、口臭が気になる。6、唾液がねばねばする。7、朝起きたときに口の中が気持ち悪いなどです。

 

どうやって治すの?

まず原因である細菌を減らすために患者様ご自身で日々のセルフケアをしっかりしていただくことと、歯科衛生士によりポケット内のバイオフィルム除去をしっかりすること、歯科医師により歯周外科でポケット内の歯石やバイオフィルムを徹底的に除去する事を行います。次に、宿主因子(歯周病を起こしやすくさせる体の状態)や環境因子(歯周病を起こしやすくする生活習慣)の改善を指導してリスクファクター(危険因子)を減らします。

http://www.athenadental.jp/category-2022-b0-口腔内カメラ.html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp