製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > インプラントのあれこれの情報

インプラントのあれこれの情報

インプラント治療は、虫歯や歯槽膿漏などが原因で歯を失ってしまった場所の骨に、体に安全なチタン製インプラント(人工歯根)を埋め込みます。約23ヶ月で、オッセオインテグレーションという作用によってインプラントと骨が結合した後、インプラントの上に人工の歯をかぶせます。治療する前にはパルスオキシメーターなどの機器で、体の状態を検査することを勧めます。

 

インプラントの長所

1、周囲の健康な歯を削らないため、それらの歯の負担も増加しない

2、噛む感触は自分の歯にかなり近い

3、周囲の歯の負担が増えないためそれらの歯の予知性も高まる

4、きちんと管理すれば理論上、最も歯に優しく長持ちである

 

インプラント治療のデメリット

1 国民健康保険が適用されていない為、費用が高価であるという点。

2 外科処置を必要とする。

3 診査・診断が最も重要で、すべての人に適応することが出来ない。

 

治療後に別の歯が悪くなった場合

治療後に周囲の別の歯が悪くなっても、再度インプラント治療を行うことは可能です。別の歯が悪くなって抜けても、その部位に新しいインプラントを埋め込むことができ、現在使用している上部構造に、新しく上部構造を追加する形で使用することができます。

http://www.athenadental.jp/category-2018-b0-パルスオキシメーター・SpO2モニター.html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp