製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 根管治療の方法について

根管治療の方法について

 根管治療の方法は、ファイルという器具で細菌感染を起こしている歯や神経に至るまで、その徹底的に除去する治療方法です。 

まずは歯の上部を削ります。そのことで、目に見える最も根に近い部分に多くみられる神経の管の部分を見えるようにします。歯髄がなくなった歯は脆くなっていますので、反対側の噛み合わせの対象となる歯とぶつからないようにケアを施します。

 

そしてドリルのような形をしたリーマーやファイルと呼ばれる器具を用いて、何度も何度も出し入れを行い、根管の中を少しずつ綺麗にしていきます。

 

リーマーやファイルを出し入れして、歯髄を取りのぞきながら、根管治療機器で根管を拡大していき、その穴を薬品を使って洗浄・殺気します。ここでしっかりと根の最深部にまで除去できていなければ意味がありません。その為に歯の根の長さを正確に把握する必要があり、リーマーを挿入したままでレントゲン等を使って調べることもあります。歯の資質と呼ばれる部分にまで感染が広がっている場合は更にその部分も取りのぞきます。

 

何度も殺菌に繋がる施術を行いながら、注射器で薬液などを流しつつ根管を更に消毒します。

 

完全に根管が削除されたら(この確認が大切)薬を詰めます。そして仮となる蓋をして、1週間ごとにその薬を交換していきます。次第に病巣が小さくなります。

 

根の更に先の部分まで殺菌がされていれば、シーリング材というもので、空洞を埋めていきます。このシーリングによる穴埋めまできっちり済ませて始めて根管治療といえます。

絶対にここまで終えるまで通院しましょう。途中で中断し、放っておくと、また再発して激痛が走ります。

 

股間治療はここまでの事を言います。これが終われば土台を作り、その上に人工の歯をのせて見た目にも問題がないように治療します。

 

 http://www.zetadental.jp/category-1956-b0-根管治療機器.html

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp