製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 不正咬合の原因と矯正の目的について

不正咬合の原因と矯正の目的について

歯ならびが悪い状態のことを不正咬合とよびます。不正咬合 にはどのような種類があるのでしょうか。一般的に受け口と呼ばれている下顎前突。八重歯とか乱ぐい歯と呼ばれている歯ならびは叢生といいます。あと、出っ歯は上顎前突、前歯が上下離 れてしまう開咬などがあります。

 

不正咬合を起こす原因は大きく分けて2つあります。

1つは遺伝によるもの、子が親に似た歯並びや、かみ合わせになるのはこのためです。

もう1つは、骨の発育障害、指しゃぶりなどの癖、むし歯などの後天的なものです。

 

不正咬合をそのままにしておくと

1、食べ物をよくかみ砕けず、胃腸などの消化器に負担がかかる

2、上あごと下あごをつなぐ顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい

3、視力低下の原因になるといわれ、学力や運動能力の低下を招きやすい

4、食べ物が歯の間にはさまり、歯磨きしにくく、虫歯や歯周病になりやすい

そのため、早めに矯正治療を行うことを勧めます。矯正の前に歯科レントゲンによる精密な検査が必要です。

 

矯正治療の目的について

1、歯ならびや咬みあわせが良くなる

2、機能的に良く咬めるようにすることができる

3、出来るだけ自分の歯を長持ちさせることができる

4、出っ歯や乱ぐい歯を治して口元の改善を行ない、肉体的・精神的に健康にすることが最大の目的です。

http://www.athenadental.jp/category-2061-b0-歯科レントゲン.html

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp