製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病と全身の関係及び歯周病の進行の紹介

歯周病と全身の関係及び歯周病の進行の紹介

かつて歯槽膿漏と呼ばれていた歯周病は、プラークの中に棲みつく歯周病菌を原因とする感染症です。進行すると「歯ぐきの腫れ」「出血」「強い口臭」といった症状が現れ、歯ぐきや顎の骨が徐々に溶かされると、最終的には歯を失ってしまいます。

 

歯周病は軽度の段階であれば歯や歯の周囲のクリーニングなどで清潔を保つ処置で改善できますが、歯周組織の破壊が進んでしまうと手術などが必要になってきます。更に重度の場合、破壊された歯周組織に対する再生療法が必要となり、最悪の場合は、抜歯をしなければいけない状態になります。歯周病は早期発見早期治療が大切なのです。口腔内カメラ歯科通販)による定期検診は初期の歯周病の予防に有効です。

 

全身疾患との関係

歯を失うことにより、咀嚼能力や生活の質の低下を招くことになります。また口の中の歯周病菌が体内に運ばれ、他の臓器に影響を及ぼすことがあります。

1、心内膜炎弁膜障害のある場合などにはその部位に歯周病菌が付着して増殖し、細菌性心内膜炎を起こす)2、動脈硬化歯周病菌による酸化ストレスや菌がもつ血小板凝固因子等により血栓形成を招く)3、肺炎高齢に伴い嚥下反射と咳嗽反射が弱くなり口腔内の細菌を誤嚥することで肺炎を起こす。)

 

歯周病の進行

1、歯周ポケットが発生して、しだいに歯肉が炎症が発生してきます。

2、炎症はしだいにひどくなり、赤みがかかってきます。

3、歯肉は減退し歯根部分も侵されています。

4、歯槽骨が広く破壊され、歯がグラグラの状態です。

http://www.athenadental.jp/

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp