製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯ぎしりにかかりやすい人と歯ぎしりの対策

歯ぎしりにかかりやすい人と歯ぎしりの対策

歯ぎしりをしやすい人はこんな人

1負けず嫌い2人に対して攻撃的3競争心が強く頑張り屋4ストレスをため込みやすい5多忙で時間に追われている6目的意識が強く、目標に精力的に取り組む

 

寝ているときの歯ぎしりは力がとても強いので、色々なところに影響してきます。歯周病で歯が揺れているときは、歯ぎしりによって歯周病をさらに悪化させてしまいます。寝ているときにしているかは自分ではわからないと思いますが、口の中を見て頬や舌の脇にヒダのようになっている場合は歯ぎしりをしている可能性があります。歯ぎしりによるドラブルを早期に発見するため、口腔内カメラによる検診を勧めます。

 

多くの場合、歯ぎしりは「心因性、ストレス性」が原因です。日常生活の不安やストレスなど、心理的な要因に対して、無意識に歯ぎしり、食いしばりをすることによってストレスを発散させていると言えます。

 

歯軋りを防止するには、まずはストレスの原因をなくすことが大事です。 歯軋り防止法として、就寝時にマウスピースを装着します。そうすることで、とてもリラックスした睡眠がもたらされるようです。またさほど歯軋りがない方でも、予防として使用している方もいます。

http://www.athenadental.jp/category-2022-b0-口腔内カメラ.html

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp