製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 失ってしまった歯の治療ーインプラント

失ってしまった歯の治療ーインプラント

 失ってしまった大人の歯は、二度と元に戻りません。でも一生自分の歯で咬むことができれば、こんな幸せはありません。歯を失わないに越したことはありませんが、万が一失ってしまった時は、残った歯に悪い影響がでないようにお口の中の環境を整えることが大切です。インプラント治療を行うことにより、それが可能になります。手術による治療を行う時に生体情報モニタの利用を勧めます。

 

インプラントは、無くなってしまった歯の部分に人工の歯根を取り付け、そのうえから人工の歯をかぶせることで自分の歯のように使うことができる施術です。 他の歯にかける負担も少なく、見た目にも自然なため、近年、希望される方が増えております。

 

歯には毎日とても大きな力がかかっています。ブリッジや部分入れ歯の場合は、 いずれも数年も経過すると、それを支えている周りの健康な歯が痛んできます。 インプラントの場合は他の歯に負担をかけることも、歯を削ることもありませんので、 残っている歯の健康を損ないません。

 

インプラントは「手術・保険がきかない・怖い」といった先入観を持たれがちですが、技術や材料の進歩により、最近のインプラントは安心して治療を受けられます。また、インプラント・審美歯科など、自費による歯科診療費用も、医療費控除の対象となります。

 

 

http://www.athenadental.jp/category-2017-b0-生体情報モニタ(患者モニタ).html


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp