製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 世界で最も多くの人が感染した病気の紹介

世界で最も多くの人が感染した病気の紹介

 歯周病は、歯を支えている歯肉や根元の歯槽骨などの歯周組織に発生する疾患の総称です。歯周病は感染病の一種とされ、世界で最も多くの人が感染した病気としてギネスブックの認定を受けるほどにありふれた病気なのです。

 

歯周病は症状を感じにくい病気です。歯ぐきの腫れ、口臭、歯のぐらつきなどの自覚症状を感じるころには、かなり進行している可能性が高く、気がついたときには治療が難しくなってしまうケースも多い病気です。歯科の病気を治療する時に歯科用ユニットを利用することがあります。

 

歯周病の主な症状(チャックリスト)

歯を磨いたときに出血することがある,歯肉が赤く腫れている,歯が伸びた感じがする口臭がする,口の中がネバネバする,歯がグラグラする,歯がしみる,食べ物が歯の間に挟まりやすい,歯肉が時々腫れる,歯肉がむずがゆい。

 

歯周病の予防には、歯ブラシによるブラッシングやキシリトールガムを噛んでいるだけでは不十分です。 総合的な対策として、規則正しい生活習慣が大切です。歯周病は不注意で簡単になってしまいます。歯周病になってからでは、治療も容易ではありません。 その為にも、きちんとした予防を行うことが大切です。

http://www.athenadental.jp/category-2084-b0-診療ユニット.html

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp