製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > スリーミックスMP法の特徴

スリーミックスMP法の特徴

これまでの、虫歯治療では、虫歯菌に犯された部分を徹底的に削っていました。そのために、歯髄(神経)を刺激し、そのための痛みがでたり、深い虫歯では、抜髄(神経除去)を行っていました。でも、そうした治療は、歯の寿命をより縮める結果になっていました。

 

スリーミックスMP法とは、出来るだけ歯を削らないで済む画期的な内科的治療です。3種類の抗生物質を使い、極力歯に負担を掛けずに虫歯の治療が可能になりました。この方法により、通常なら深く進行してしまった虫歯で、神経を取らなくてはならない様な場合でも神経を取らずに済む症例が多くなります。虫歯を治療する時に歯科タービンを利用することがあります。

 

この治療で使う抗菌薬は、メトロニダゾール、ミノサイクリン、シプロフロキサシンの三種類です。この三剤に軟膏のマクロゴール(M)プロピレングリコール(P)を加えることで、歯の中への抗菌薬の浸透性が高くなります。

 

この治療法は万能ではなく、デメリットもあります。

1日本では、まだ保険治療として認可されてなので、保険適応外になり、自費治療となる。2虫歯菌がすでに神経にまで到達している歯や、ひどい痛みの歯には使えない場合がある33MIX-MPと同様にドックズベストセメントも万能薬ではなく、全ての歯に効果があるわけではない。

http://www.athenadental.jp/category-2075-b0-歯科用タービンハンドピース.html

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp