製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > マウスピース矯正治療法の特徴

マウスピース矯正治療法の特徴

 

目立たない

従来の金属の矯正装置とは違い、最新のマウスピースは透明な矯正装置なので、笑っても目立たず自然に笑うことが出来ます。学校や職場で目立つこともなく矯正できるので、装置が見えるのに抵抗がある方には最適です。

 

発音しやすく違和感が少ない

歯の表側や裏側に装置をつけると、"唇と歯の間""歯と舌の間"に違和感があります。また、舌側に装置をつけていると、装置に舌が早く当たって、舌足らずな話し方になります。マウスピース矯正では、これらのお悩みを解消できます

 

大した手間もなく、費用が比較的安価

見えない矯正は、患者さんの口腔状況にもよりますが、平均的なマウスピースの使用個数が5個くらいとなっており、そのマウスピースを入れ替えていくだけで矯正治療が行えます。矯正を行う前に歯科レントゲンによる精密な検査は必要です。

 

痛みがほとんどありません

ブランケット・ワイヤーでの矯正は半数以上の方が痛みや不快感を訴えられます。マウスピースでは痛みを感じられる方は、ほとんどいらっしゃいません。マウスピースが歯ぐきにあたって不快感がある場合は、すぐに調整が可能です。

http://www.athenadental.jp/category-2061-b0-歯科レントゲン.html

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp