製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 咀嚼の能力を取り戻す治療法

咀嚼の能力を取り戻す治療法

歯を1本失うと咀嚼能率が3040%も低下するという事実、あなたはご存知でしょうか? 失った歯をそのままにしておくと当然、咀嚼などの機能が衰えますので何かしらの処置を施す必要が出てきます。そこで近年、注目を浴びているのがインプラント。失った歯の代わりに人工歯根を埋め込み、その上部に人工の歯を取りつける治療法です。

 

インプラントとは、顎の骨の中に直接チタンでできた人工の歯の根を埋め込む手術のことです。インプラントはこの数十年でかなり普及し一般的になってきました。インプラントをすることで他の歯を削ったりせずに自分の歯のような自然な歯と同じような状態を回復することができます。外科手段でインプラントを治療する時に生体情報モニタの利用を勧めます。

 

インプラント治療のメリット

楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。

自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すこともまったく平気です。

噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。

 

数十年の歴史のあるインプラントですが、とりわけここ10年~20年の間に劇的に進歩し、大変信頼性のある治療法となっています。 その信頼性はどの程度あるのかと言うと、問題なくインプラントが10年間使える可能性がおおむね95%、20年間が90%以上という成績が一般的とされています。

http://www.athenadental.jp/category-2017-b0-生体情報モニタ(患者モニタ).html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp