製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯周病の原因、治療、と予防法の知識

歯周病の原因、治療、と予防法の知識

周病とは、歯肉や歯槽骨などの歯の周りの組織が破壊し、初期症状として、歯肉がはれたり、歯肉から出血したりする、さらに進行すると深部組織の破壊が進み歯周ポケットを形成し、歯槽骨の吸収がすすみ歯肉を押すと膿がでたり、重度となると歯がぐらぐら揺れたり、末期となる歯が抜け落ちる恐ろしい病気です。歯周病の治療は専門な歯科機器が必要です。一部の歯科機器も超音波洗浄機による清潔が必要です。

 

プラークは歯周病を発病させる直接的な原因です。プラークとは、歯の表面に付着している黄白色の粘質性をもった物質のことです。また、プラークは別名オーラルバイオフィルムともいわれ、約400種類の細菌によってバイオフィルムを形成しています。プラーク1mgあたりの細菌数は3億~10億とも言われています。

 

まず大事なことは自覚症状が顕著に現れる前に歯科医院で定期検診などを行い、歯肉炎の治癒や、歯周炎における歯槽骨や歯周組織の吸収が始まるのを未然に防ぐことが非常に大事になります。歯周病が発症して進行した場合、とくに重度に進行した場合は、その組織の健全な回復は非常に困難で、再生医療的処置を行わなければ失われた歯槽骨や歯肉は元に戻りません。

 

PMTCによる歯周病の予防

歯科衛生士が専用の器具とフッ化物入りペーストを用いて、歯の汚れを徹底的に除去する方法です。PMTC歯と歯肉の間の汚れを除去することにより、歯肉の症状を改善します。歯肉が引き締まるので、歯周病の予防にもつながります。

 

http://www.athenadental.jp/category-2021-b0-家庭用・歯科用超音波洗浄機(超音波クリーナー).html

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp