製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > インプラントの治療の前処置と注意点について

インプラントの治療の前処置と注意点について

インプラントは、歯根部分と上部構造からなり、顎の骨の中に人工歯根を埋入し、数ヶ月間期間をおくことにより、顎の骨としっかり固定された後に上部構造を装着します。人が物を噛むときの力は、想像以上に大きいものですが、顎の骨に埋め込むことで、天然歯と同じように噛む機能を改善し、強く噛むことも可能です。

 

インプラント治療の前処置

歯周病や根尖性歯周炎に罹患している場合には、先にこれらの治療を行う必要があります。これらの治療をされずにインプラント治療をした場合、後にインプラント自体が感染してしまう恐れがあります。長期にわたりインプラントを使用していただく為には大変重要な事なのです。

 

注意点

インプラントは、他の歯を傷つけずに治療でき、見た目にも健康できれいな状態にすることができます。手術の成功率も高くなってきましたが、100%ではありません。治療を決める前にどのようなトラブルがあるのかも確認しておきましょう。またトラブルを回避するための対策も一緒に見ていきましょう。インプラントが外科手術が必要するため、手術の時に生体情報モニタを利用することを勧めます。

 

体調に問題がなければ、高齢の方でもインプラント治療を受けることができますが、次のケースでは適用できないこともあります。骨の成長が終わっていない年齢の方、アルコール依存症の方、チタンへのアレルギーを持っている方などです。

http://www.athenadental.jp/category-2017-b0-生体情報モニタ(患者モニタ).html

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp