製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 失った歯を補う手段

失った歯を補う手段

 

歯を失う原因は虫歯、歯周病、折れてしまったなどさまざまな事が挙げられます。近年、インプラント治療が盛んになり、歯がなくなったらインプラントをすればいいと安易に考える方が増えてきているように思います。たしかにインプラントは画期的な治療法ではありますが、利点ばかりではなく欠点もあります。今度はインプラントと他の歯の功能を補う方法を紹介します。

 

インプラント

インプラントとは、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、そこに人工の歯を装着することで、天然歯とほぼ同等の状態を回復する治療法のことです。取りはずしの入れ歯と違って、違和感もなくよく噛めますが、手術後、歯が入るまで約3~6カ月の治癒期間が必要です。またインプラントの治療は歯科用インプラント装置の協力が欠かせません。

 

ノンクラスプデンチャー(審美性はインプラントと同じです。)

ノンクラスプデンチャーは、金属バネを使用しない義歯です。周囲から見ても、入れ歯をしていることが分からないほど自然なうえ、薄くて軽く、着け心地が良く違和感がありません。従来の義歯は、金属のバネをかける歯に大きな負担がかかってしまうのがデメリットでしたが、ノンクラスプデンチャーはそのような問題も解消した義歯です。

 

ブリッジ

ブリッジとは、歯がない部位の両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復する被せ物のことです。抜いた部分に歯と同じような形を作る為、抜く前と同じような噛み合せや形を取り戻すことが出来ます。

 

http://www.athenadental.jp/category-2057-b0-歯科用インプラント装置.html

 

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp