製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯と認知症

歯と認知症

 

まずは歯と脳の関係。歯で食物を噛むときには、その衝撃と振動が脳に伝わります。また歯根膜から脳まで神経伝達物質が脳に伝わります。その刺激で脳の血液流量が増加し、活性化させます。

 

そして舌の味覚もその原理です。

 

若し、歯から脳への刺激が減らして来ると、脳は次第に萎縮、退化するかも知れません。年寄りの歯が良くないと、硬い物も食べていけません。ですが、もっとも脳へ刺激を与えられるのは硬いものを食うこと。その他に、歯を失い、歯の神経を抜いた場合も、神経回路が壊されなす。刺激にちゃんと届かないです。

 

認知症になってしまった人にとって、普段自分で歯のケアをするのはかなり難しいので、歯に病気がありました、それから悪化いくのはよくあります。家族や、介護員が補助すると嫌がるケースも多いです。

認知症で歯磨きできなくなり、口内環境が悪化し、また認知症を悪化させてしまうというのは悪循環です。

 

Athenaデンタルで家庭用・歯科用超音波スケーラーを取り扱っています。

 

http://www.athenadental.jp/category-2020-b0-家庭用・歯科用超音波スケーラー.html

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp