製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 審美歯科の治療の方法の紹介

審美歯科の治療の方法の紹介

審美歯科とは、歯を白くするだけではなく、事故で欠損した歯を他の歯と変わりなく治療したり、目立ってしまう詰め物を目立たない詰め物にしたりと、総合的な歯の美しさを修復する治療のことを言います。また、近年、金属で治療した歯が金属アレルギーの原因のひとつとして注目されていますこの金属を取り除き、身体に害のない素材に変えるのも審美歯科のひとつです。

 

奥歯の審美歯科セラミックインレー

セラミックインレーは、ポーセレンインレーとも呼ばれ、セラミックにより歯の形に作り上げた詰め物です。金属を使わないので、身体に優しく金属アレルギーの心配がありません。セラミックス自体の透明感が高いため、装着する歯の色が反映でき、より自然な色を再現できます。

 

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは歯の表面を削り、その型を取って高強度セラミックのクラウンを作製します。作製されたセラミックのクラウンを、接着剤を使用して歯に接着し、歯と一体化することで長期間使用していただくことが可能ですクラウン治療を行う前に根管治療機器による治療は欠かせません。

 

前歯の審美歯科ラミネートベニア

ラミネートベニアによる治療は、歯列矯正ほど時間をかけず、23回の通院で歯並びをきれいにできるというメリットがあります。もともとの歯に虫歯や、ホワイトニングでは白くしきれない薬による重度の着色があったり、前歯のかたちが悪かったりする方にとっては、歯並びを整えるだけではなく、白く美しい歯を得られる一石二鳥の治療法でもあります。

http://www.athenadental.jp/category-2037-b0-根管治療機器.html

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp