製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > インプラントを用いる矯正方法

インプラントを用いる矯正方法

インプラント矯正とは矯正歯科治療用に独自に開発したチタンプレート状器具を一時的に顎の骨の表面に取りつけて、それを固定源として歯を動かしていく治療法のことです。いままで、口の中に固定源を求めることは難しいとされてきましたが、この方法により、全ての歯を前後、上下、左右に動かすことが可能になりました。矯正を行う前に歯科レントゲンによる検査は必要です。

 

インプラント矯正のメリット

口元が前に出ている場合、インプラントを固定源として、前歯を十分後退させることができます。従来は、固定源としてヘッドギアを使用する必要があった症例も、インプラント矯正で無理なく治療ができます。通常は歯同士を固定源として歯を動かしますが、インプラントという動かない固定源があるため、効率よく歯を動かすことができ、治療期間を短縮することができます。

 

インプラント矯正のデメリット

インプラントを埋め込む手術が必要。(手術の時に生体情報モニタの利用を勧めます。)

インプラント手術費の分、通常のワイヤー矯正よりも治療費がかかる。

まだ新しい治療方法のため、扱っている歯科医院が少ない。

治療中は虫歯になりやすい。

 

インプラント植立後の注意点

術後2週間はインプラント周囲のブラッシングは避け、安静にしていただきます。その期間はこちらからお渡しする洗口薬で、食後インプラント周囲が汚れないようにお口をゆすぐようにしていただきます。術後2週間が過ぎたら、インプラント周囲にも歯ブラシを軽く当てて清潔にしてください。矯正器具同様いつも清潔にしていただくことが大切です。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp