製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 様々な入れ歯の特徴の紹介

様々な入れ歯の特徴の紹介

 

入れ歯の種類には、歯の一部が残っておりそれに留め金をかける部分入れ歯と歯が全く無いときに使う総入れ歯があります。さらに部分入れ歯、総入れ歯共に、使う材料や留め金の種類によってさまざまな種類があります。どんなタイプの入れ歯を選択しても、歯科レントゲンによる精密な検査は欠かせません。

 

金属床入れ歯

金属床入れ歯とは、入れ歯の一部分が金属で出来たものをいいます。プラスチック入れ歯と比較して、金属部分は薄く作ることが出来ることから、違和感がより少なくなります。また、一定の強度もあるため、割れにくくなっています。そして、金属は熱伝導に優れてるため、食べ物の熱を伝えやすいなどの利点があります。

 

コンフォート入れ歯

入れ歯が痛い、合わないということがあります。痛みの原因、入れ歯が合わない原因は様々が、このような痛みをやわらげるために、シリコーンを装着した入れ歯が、コンフォート入れ歯です。コンフォートは、硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆います。生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮します。

 

磁石式入れ歯

磁石式入れ歯とは、磁石の力で入れ歯をピッタリ吸着させる新しい入れ歯です。歯根に取り付けた「磁性金属」と、入れ歯に埋め込んだ超小型磁石により強い力で固定されます。取り外しも簡単に行え、支えている歯の負担を大幅に軽減出来ます。また入れ歯を固定するバネを使用する必要がありませんので、審美的にも非常にすぐれています。健康な歯は定期に超音波スケーラーなどの器材によるPMTCが必要です。入れ歯もお手入れが必要です。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp