製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 矯正治療中の注意すべきところ

矯正治療中の注意すべきところ

口腔内の清潔

歯列矯正のための装置は、口腔内の清潔を保つという点においては、大きな障害になるということができます。矯正装置を口の中に入れる場合は、それまで以上に口腔内の清潔に気をつけ、歯や歯の周りの手入れを入念に行わないなら、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

 

金属アレルギー

矯正装置には様々な金属が含まれています。とりわけニッケルに対するアレルギー反応が報告されています。金属に強いアレルギーを示す方や不安のある方は皮膚科にてパッチテストを受けた方が良いでしょう。また、治療中にアレルギーが発症した場合は使用している装置を中止して皮膚科を受診していただきます。

 

できるだけ硬い食物を避けること

矯正器具を付けた直後は痛みが強いです。ですので、食べ物は硬いものでは無くて軟らかい物を中心にゆっくり食べるようにしましょう。そして、ガム・キャラメル・お餅などの粘着性のある食べ物やせんべいなどの硬い食べ物はなるべく避けましょう。矯正器具が壊れてしまう恐れがあるので、注意が必要です。超音波スケーラーなどの歯科器材によるPMTCを勧めます。

 

歯並びが一時的に悪くなる可能性もあり

治療中には、一列に並んでいる歯をパズルのように動かしながら、最終的な歯列へ向かって少しずつワイヤー調整が行われます。そのため、治療過程においては、一時的に歯並びが悪くなったように見える時期もあります。それでも根気よく治療を続けましょう。(矯正治療の前に歯科レントゲンによる精密な検査は必要です。)

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp