製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 親知らずの悩みについて

親知らずの悩みについて

親知らずとは、正式には第三大臼歯と言われる歯です。第三大臼歯は、生えてくる時期に大変個人差があり、早い人では十代後半、遅い人では、二十代後半に生えてきます。また、第三大臼歯は生えないことも多い歯です。 生えない理由としては、生まれつき親知らずがない場合と、顎の中に存在するが生えてこれない場合があります。

 

親知らずによる悩み

1.親知らずが、前の第二大臼歯にぶつかって斜めに生えていると、歯と歯の間に汚れがたまり虫歯をつくりやすくなります。2.親知らずの存在は、歯を前に押していく圧力となるため、歯並びのズレの原因となります。3.前歯が重なってきたり、前に出てきて、歯並びのズレを実感することがありますが、これは審美性の問題だけでなく、顎関節の障害を引き起こし噛み合わせを悪くします。

 

すべての親知らずは抜くべきか?

親知らずが原因でむし歯をまねいたり噛み合わせが乱れたりする場合は抜いたほうがいいですが、何も問題をまねかないのであれば貴重な歯として残しておくことも選択肢のひとつです。親知らずの1本手前の歯がむし歯などで使えなくなってしまった場合に、土台として使うこともできます。(親知らずの抜歯は歯科レントゲンが必要です。また高血圧などの病気がある人は抜歯の時に生体情報モニタの利用を勧めます。)

 

親知らずを抜く後の注意点

1.出されたお薬は、指示に従ってきちんと飲むようにしましょう。

2.舌や食べ物、水などで抜いた穴に触れないように極力気をつけて下さい。

3.歯を抜くと出血し、その後にかさぶたになります。それまでは血が出やすくなっているので、アルコールの摂取、運動、長時間の入浴は避けましょう。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp