製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯並びが悪いとどんな結果を招きますか

歯並びが悪いとどんな結果を招きますか

物を噛みにくい

悪い歯並びだと、食べ物を噛む効率が悪くなるので、消化不良を起こしやすいといわれています。極端に悪い場合は、体の健康や成長にまで悪影響を与えてしまうことが示唆されています。

 

さらに、どうせ食べ物を噛み難いのだから、殆ど噛まずに食べ物を飲み込んでしまう方も少なくありません。歯で食べ物を噛まなければ唾液が分泌されなくなります。唾液が出ないということは、歯の再石灰化が遅れてしまうことを意味しますから、より虫歯になる可能性が高まります。(また歯並びが悪いと歯の隙間に歯石などの汚れが貯まりやすくなります。そのため 超音波スケーラー 歯石などの汚れを除去することが必要です。)

 

肩こり頭痛を引き起こす

歯ならびは骨格に影響しています。それは顔だけではなく体全体の骨格に影響するのです。骨格に影響するということは骨につながっている筋肉にも影響がおこります。このことによって姿勢が悪くなって肩こりや偏頭痛を引き起こしてしまうこともあります。(歯並びが悪いと矯正治療が必要です。矯正の前に歯科レントゲンによる検査は必要です。)

 

発音しにくい

咬み合わせの状態によって、さまざまな発音障害がでてきます。ガタガタによる狭い歯列は正常な舌の動きを抑制し、正しく発音することが難しくなります。また、前歯が咬んでいないと話している時に空気が抜けてしまい、とくに英語などの外国語の発音が難しくなります。歯並びの不正は他人とのコミュニケーションに影響します。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp