製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 幼児の歯磨きの注意点

幼児の歯磨きの注意点

 

口腔衛生を保つために、一番の方法は勿論歯磨きです。しかし、幼児の場合は大人と違い、拘りがあいます。3歳以下の幼児は、なるべく歯磨剤を使わないです。特に大人用の歯磨剤。虫歯予防のために、大人用の歯磨剤にフッ素を入れています。歯に保護の役割がありますが、口に残りはよくないです。呑むことも勿論、特に幼児の場合、体に影響を与えるかもしれません。


3歳以下の幼児は自己コントロールの能力まだ弱いため、歯磨き剤や歯磨き時の水を飲んでしまうのもよくあります。


ですから、3歳以下の幼児にとって、歯を清潔には一番いいものは温水の塩水です。温度は高くいりません。こうして、水を飲んでもかまいません。そして、塩水の滅菌力も十分です。もし歯垢や、食物の残留物があれば、歯ブラシを使わなく、ガーゼや綿棒を使って清掃してから、また漱ぎます。


3歳以上の幼児は子供専用の歯磨き剤を使用してもかまいません。でも量は大豆の大きさで結構です。

 

Denjoy®根管長測定器 Joypex 5

Denjoy®根管長測定器 Joypex 5

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp