製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 矯正歯科の種類についての説明

矯正歯科の種類についての説明

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正とは、歯の表面にブラケットと呼ばれる装置を特殊なボンドで貼り付け、そこにワイヤーを通して正しい位置に歯を少しづつ動かしていく歯列矯正治療法です。特徴はマウスピースなど他の矯正歯科治療法では対応できないケースであっても、ワイヤ矯正は基本的に全てのケースで可能。(矯正の前に 歯科レントゲン による検査は重要です。)

 

マウスピース矯正

透明なマウスピースの装置を使用する矯正法です。他の矯正法に比べ、安価に行えます。マウスピースは透明なので、装着中も目立たず、ご自分で取り外すこともできます。ワイヤーやブラケットを歯に付ける必要がないので、違和感も軽減されます。(矯正装置を着装すると歯の隙間に歯石などの汚れが貯まりますから、 超音波スケーラー などの器材でこれらの汚れ取ることが必要です。)

 

コルチコトミー

コルチコトミー矯正は、別名”経皮質骨骨切り術”とも呼ばれます。通常の歯列矯正と併用して、歯の骨に人為的にヒビを入れ、歯列矯正スピードを速める方法です。大きなメリットは、歯列矯正期間の大幅な短縮、また手術が短時間で終わることなどです。

 

インプラント矯正

インプラント矯正は、小さいスクリューを歯茎に入れ、これを引っ張る土台(固定源)にして歯を動かします。今までの方法と違って、休みなく引っ張り続けるので、治療期間が短くなりますし、より確実で制度の高い治療結果を得ることが出来るようになりました。

 

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp