製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 親知らずの悩み

親知らずの悩み

親知らずとは、前から数えて8番目の歯です。親知らずは20歳前後で生えてくる歯のため、平均寿命が40歳前後だった昔の人たちは、自分の子供の親知らずが生えてくる前に亡くなってしまって、この歯を見ることが出来ない、というのが親知らずの名前の由来だと言われています。

 

親知らずは奥の方にあるため知らないうちに虫歯になったり、ブラシが届きにくく、清掃困難なため、腫れを繰り返したりします。抜歯が必要なケースもありますが、抜歯しないで、保存しておくことでのメリットもあります。 抜歯のメリットとデメリットを比較して判断しないといけません。(親知らずを抜く前に歯科レントゲンによる検査は必要です)

 

抜歯をしたほうが良い場合

たびたび親知らずの周りの歯茎が腫れる時。2上下反対の歯と噛み合ってなくて、歯磨きがしにくくむし歯になっている時。3横を向いて生えており、歯の一部が露出していて、隣り合う歯が虫歯になる危険がある時。

抜歯をしなくてもいい場合

まっすぐ生えてて虫歯が無く、上手に磨けている場合抜歯をしたほうが良い場合の条件がある程度対処できる状態であって、将来歯の移植に使う可能性がある場合。(抜歯は感染予防機器が必要です。)

 

抜歯後の注意点

1.食事は麻酔が切れるまでお待ちください。また、食事の際には辛いものなどの刺激物は避け、抜歯したほうとは反対側で噛みましょう。

ブラッシングは傷口以外の痛くない範囲内にとどめ、うがいは12回までにしましょう。

3.お風呂は軽め or シャワーで軽く済ませる程度ならOKです。

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp