製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > インプラントについてのよくある質問

インプラントについてのよくある質問

インプラントとは

インプラントとは、口腔内の骨に人工の歯根を作り、その上に新しい歯を作るという方法です。入れ歯の様に歯茎に義歯を乗せるだけのものとは異なり、使わない顎骨がやせ細るという心配も無く、又従来のブリッジの様に健全な歯を削る必要がないので、インプラントを装着した後は、痛みや違和感を伴わず、歯本来の機能を保つことができます。

 

インプラントをして身体に影響はありませんか?

インプラントに使われるチタン金属は世界中でも最もアレルギーの少ない金属と言われています。骨と結合する性質があり、重度の骨折を支えるためにも使われる金属ですので体に全く影響はありません。

 

インプラントはどれくらい持ちますか?

インプラントそのものは半永久的ですが、注意が必要なのはインプラント周辺の歯周組織やかみあわせの状態です。定期検診(メンテナンス)をきちんと受診していれば、長く快適に使うことができます。なお、インプラントの最初の患者さんは40年近くたった今でも正常に機能しています。インプラント治療の前に 歯科レントゲン による検査は必要です。)

 

インプラントの副作用は?

不適切に埋め込まれたインプラントは、神経を圧迫したり、上顎洞の炎症を起こしたりして、副作用が出ることがあります。また不適切な応力がインプラントに加わるような設計をするとインプラントが折れることがあったり、植立手術の精度が悪いと骨結合せず、噛めないなどの問題を起こすことがあります。高齢者や高血圧の人はインプラントの治療を受ける時に生体情報モニタの協力が必要です。  

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp