製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 階段別の虫歯治療方法

階段別の虫歯治療方法

虫歯は、歯の表面についた食べ物の残りカスがつくる歯垢が原因で起こる病気です。歯垢の中の微生物が食べ物の中の糖分を栄養源に酸をつくり、その酸が歯を溶かします。今度は各階段の虫歯の対策について説明します。

 

初期の虫歯の処置としては、唾液の中に存在するミネラルが歯に戻り、エナメル質の中の空洞を修復するために、再石灰化と呼ばれる作用を促進するために必要なことを行います。 再石灰化を促進する行為とは、歯の表面に対してフッ素を塗布することで、初期の虫歯を健康な歯に戻そうとするものです。

 

中期では象牙質という神経に直結した組織まで虫歯が進行し、熱いもの冷たいものがしみるという症状が見られ始めます。大きさや広がり方により処置法が異なりますが「なるべく歯を削らずに処置することの大切さ」を踏まえた上で、レジン充填や金属等の詰め物(インレー)の処置を行います。

 

末期の虫歯がかなり進行してしまって神経や根を治療する場合には、根管治療根管治療機器というものが行なわれます。リーマーやファイルと呼ばれる針のような器具を用いて、歯の神経を除去する ことで根を治療します。神経を除去した箇所に細菌や神経を残してしまうと、かぶせ物を した後にトラブルが起こってしまうので慎重にやらなければならない治療です。(重度の虫歯を治療する前に歯科レントゲンで検査することは必要)  

 

 

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp