製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 成人の80%がかかっている歯周病の紹介

成人の80%がかかっている歯周病の紹介

歯周病は、歯肉炎と歯周炎の総称で、歯を支えている組織の病気です。進行すると、ハグキや歯根膜歯槽骨などの歯周組織が破壊され、歯が揺れて噛めなくなり、最後には歯が抜け落ちてしまいます。さらに歯周病の害はお口の中だけに留まらず、全身にもさまざまな悪影響を及ぼすことがわかってきました。

 

また歯周病は静かなる病気と呼ばれているほど自覚症状が出ない病気です。自覚症状が出たときには歯周病がかなり進行してしまっているということも少なくありません。一度溶けた骨は二度と元には戻らないので、早期発見・早期治療が欠かせません。

 

歯周病の原因は歯に付いたプラークです。プラークとは、食べかすに口腔内細菌が増殖して糊状になったもので、顕微鏡で見ると1㎎中に数百種類・10億個の細菌が棲みついています。細菌のうちバクテロイデスジンジバリスが主犯となって、歯と歯ぐきの隙間歯周ポケットにたまって毒素を出し、それが歯肉と歯槽骨に炎症を起こし、歯周組織を破壊すると考えられていたのです。

 

歯周病の治療

ほとんどの歯周病に対する基本的な治療法ポケットの深さを測定し、スケーラーと呼ばれる歯科器材などを使い、歯垢、歯石の除去を行います。歯垢、歯石の除去により歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(mm~3mm)維持されればメインテナンスに移行します。

 

メインテナンス

感染症である歯周病は、一度治療しても再発しやすい病気。また、治療そのものも、歯や歯周組織へダメージを与えます。そのため 定期的な検査と予防処置を行うことが必要です。 歯周病のチェックと専門家による歯垢、歯石の除去などを行うことが重要です。口腔内カメラによる定期検診も必要です。)

 

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp