製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科矯正の副作用

歯科矯正の副作用

 

歯髄への影響:

歯科矯正の初期に、歯髄には軽度、一時的な炎症が起こるかもしれません。患者の症状は痛み、不快感ですが、実験によりますと、この影響は臨床意味ありません。


歯根への影響:

矯正歯科治療すると共に、歯根の表面には吸収、増殖などの立て直す変化も起こります。治療完了後は正常に戻れますが、矯正の力が多すぎると、歯根吸収の危険が増えます。


歯槽骨への影響:

一番影響あるのは歯槽骨かもしれません。矯正器具のため、歯の清掃が難しくなります。歯肉炎になりやすくて、歯槽骨にも影響を与えます。若し口腔衛生がよければ、矯正後に歯槽骨が正常に戻れます。


歯が緩くなる:

外力がありますので、歯が緩くなってしまうのも良く見えます。矯正後にも正常に戻れますが、若し矯正中力が大き過ぎると、歯が強く緩くなったら、一時に矯正中止、歯が正常に戻ってからまた矯正を続きます。

 

エッジワイズブラケット成形器

エッジワイズブラケット成形器

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp