製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 知覚過敏という病気の説明

知覚過敏という病気の説明

冷たいものや酸味の強いものを飲食した際や、歯磨きをした際などに歯がしみる場合は知覚過敏かもしれません。一時的な痛みで治まってしまうことが多いため、歯科にかからず我慢してしまいがちですが、放っておくとどんどん悪化させてしまう恐れがあります。知覚過敏にはれっきとした原因がありますので、早い段階で治療することが重要です。

 

1.噛む力でエナメル質が傷み楔形に欠けた

歯ぎしりやくいしばりなどの強い力が歯にかかり続けると、力の集中する歯の根元のエナメル質がタイルのようにポロポロはがれます。するとむき出しになって軟らかい象牙質が削れ、楔形にへこんでしみる原因に。汚れがたまりやすくむし歯が心配ですが、ゴシゴシみがくと象牙質がさらに削れてしまうので注意が必要です。

 

間違ったブラッシング方法

固めの歯ブラシ歯科器材を使ったり、シャカシャカ音を立てて力強く歯磨きしてもエナメル質がはがれてしまいます。歯の表面を覆って象牙質を守っているこのエナメル質が誤ったブラッシング等によってはがれてしまうと、象牙質が露出してしまいます。

 

軽症の知覚過敏の治療

知覚過敏防止の歯磨き粉を使う

歯磨きをしたくても、毛先が触れてしみるのでうまく出来ない方には、知覚過敏用の歯磨き粉を使いましょう。歯の表面にあいた象牙細管の穴をふさいで、刺激が伝わりにくくなる成分が含まれています。なお、効果はゆっくりですが、フッ素を利用して歯の石灰化を促進し症状を軽減させることもあります。

 

丁寧な歯磨き

露出した歯の表面についた歯垢を丁寧に落とします。その際のポイントは、決して力を入れてゴシゴシしないことです。歯根は歯の頭に比べて柔らかいので、やさしく、小さな動きで丁寧に磨いて下さい。(知覚過敏を予防するためには口腔内カメラなどの歯科器材による定期検診は必要です。)  

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp