製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > ホワイトニングを長持ちさせるコツ

ホワイトニングを長持ちさせるコツ

ホワイトニングは短い期間で歯を白くできる素晴らしい施術法ですが、残念ながらその効果は長続きはしません。オフィスホワイトニングは、施術を行ったその日から白さを実感できるという即効性のメリットがありますが、逆にホームホワイトニングよりも持続時間が短いという欠点があります。23ヶ月程度ホームホワイトニングは、白さを実感するまで2週間以上の期間を要しますが、オフィスホワイトニングより効果が長持ちするのが特徴です。6ヶ月~1程度)(ホワイトニングする前に超音波スケーラーで歯石を除去することを勧めます。)

 

今回はホワイトニングを長持ちさせる方法を紹介します。

歯磨きをこまめにする

食後はこまめに歯を磨いた方が良いそうですが、注意点としてはあまり力をかけずに、 軽くシャカシャカと磨くこと。研磨剤の効果でエナメル質まで落としてしまうと逆効  果。歯を強化してくれる歯磨き粉などを使うとなお良し

 

色の濃いもの色の着きやすい食品は避ける

歯に色素沈着させる原因の多くは食事ですよね。ですので、普段から食生活にすこし注意を払うようにしましょう。色素沈着の原因となる成分というのはオーラやコーヒー、ワイン、紅茶というような色の濃い飲み物です。これらは非常に歯に色が残りやすい成分が含まれているのです。ですのでできるだけ避けておきましょう。

 

歯間ブラシやフロスの利用

歯の隙間の汚れをとることも、ホワイトニングの効果を長持ちさせるにはとても効果的です。歯間ブラシ歯科器材やフロスで歯の汚れをきっちり落とせば、その後のホワイトニング用の歯磨き粉を、歯の間まで、ムラなく浸透させることができます。

 

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp