製品を検索する

関連カテゴリ

位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > インプラントの情報

インプラントの情報

 

歯を失った場合の治療法として近年注目を集めているのが、顎の骨と生体親和性のよいチタン製スクリューを顎の中に埋め込み、それを歯の根がわりにしてその上に人工の歯をいれるインプラント治療です。欠損部分だけを補うことが出来るため、両隣の歯を削る必要がなく、歯を長持ちさせることが可能です。今回はインプラントをめぐる質問は解決します。

 

最も多くのは「インプラント手術は痛いですか?」という問題です。

口の中だけの局所麻酔をしてからインプラントを入れますので、ほとんど痛みは感じません。処置時間はだいたい30120分位です。ただし、麻酔が切れてからは傷口の痛みがまったくないわけではありません。手術後1~2日痛みや腫れが出る場合がありますが通常すぐに治まります。インプラントをした後定期に口腔内カメラによる検診を勧めます。)

 

血圧が高いのですが、インプラントは受けられますか?」という問題も多いです。

高血圧の方は内科医師と相談の上、血圧をコントロールする薬を飲むことでインプラント治療を受けることができます。インプラント手術の際、麻酔を打つと血圧が上がりやすくなります。そのため高血圧の方には専用の麻酔薬を用いています。

 

インプラントが完成するまでの間、食生活や見た目に影響はありませんか?」という問題を聞く方も少なくないです。

その心配は一切ありません。前歯の場合、抜歯と同時に仮の歯歯科器材を装着するので見た目を損なうことはありません。欠損歯が多く、咀嚼に支障をきたす場合は、適時に仮の歯を装着します。

 

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp