製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 小児歯科についての質問

小児歯科についての質問

質問1:子供のむし歯菌は親からうつる?

答え1:生まれたばかりの赤ちゃんの口のには、むし歯菌はいません。虫歯菌は周りの大人から、食べ物、食器、つばなどを通じて子供にうつります。赤ちゃんの一番身近にいる大人が親の場合が多いので、親からうつることが多くなります。ただし、うつっただけではむし歯菌はできません。砂糖が一緒にあって、初めてむし歯になってきます。

 

質問2:子供の歯科検診は何歳くらいからやればよいのですか?

答え2:特別何歳からということはありませんが、歯が生え始めたら検診をはじめてもよいでしょう。お母さんと一緒に食事の内容や生活習慣を含めて考えていくことが非常に大事です。生涯にわたって、お子様のお口の中を健康に保っていくためにも、是非定期的な歯科検診口腔内カメラをされることをお勧めします。

 

質問3:乳歯の虫歯は永久歯に影響しますか

答え3:乳歯が虫歯になった場合、早期に治療を行えば永久歯には影響はないでしょう。しかし、虫歯を放置し、歯と歯の間の隙間ができると、歯が動いて永久歯が生える隙間がなくなり、歯並びが悪くなります。また、虫歯で歯がなくなってしっかり噛めないと、顎の成長も悪くなります。根の炎症を放置すると、永久歯が変色したり、形成不全を起こしたりします。だから早期に歯科器材で乳歯の虫歯を治療することは必要です。

 

質問4:指しゃぶりがひどいので心配です。大丈夫でしょうか?

答え4:一般的には指しゃぶりは生まれてから数ヶ月で始まって3歳で少なくなり、5歳でほとんど見られなくなります。それまでは、あまり気にしなくて良いですが、それ以後になっても指しゃぶりが残っていると、顎の発育や歯並びに影響することがあります


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp