製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯にダメージする日常の悪習慣

歯にダメージする日常の悪習慣

 

人間にとって、歯が口腔内に存在するとても重要な器官です。人々はその器官の重要性を知っていますが、日常生活に無意識、或いは既に慣れてきた習慣が実際に歯にダメージしているかも知れません。では、ここでいくつかの例を挙げて、紹介します。

 

1、歯磨きに力を入れすぎ

歯を出来るだけ清潔したいので、力を入れて歯磨こうと言う考え方の出発点が良いですが、実際には駄目です。力を入れすぎると、歯のエナメル質に永久性が傷をつけます。ですから、歯磨きにはいい加減な力を使って、歯ブラシを歯の表面に回ってリングする方がいいです。勿論、できるだけ柔らかい毛の歯ブラシが歯にもっとやさしいです。

 

2、歯磨き前にデンタルフロスを使わない

歯科専門研究によりますと、歯磨き前はデンタルフロスを使う一番いいタイミングの一つです。

 

3、色有りの食物、飲料

歯のエナメル質はスポンジと似ていますから、コーヒー、お茶、コーラー、ワイン等に染色されやすいです。ですから、これらの物を飲む(食べる)後は歯を清潔する方がいいです。また、定期的に歯のクリーニングを行います。若し歯が完全に黄色くなりましたら、歯科ホワイトニングをしなければなりません。

 

4、歯の病変の予兆を無視する

歯肉出血、口臭、これらは歯の病変の証しです。若し一定な時間内、これらの病症が続いて去らなければ、歯科医師にお問い合わせた方がおすすめです。

 

その以外に、定期の全身健診のように、歯にも年に二回の検診すべきです。

 

歯面漂白用加熱装置・歯科用ホワイトニング装置MD666

歯面漂白用加熱装置・歯科用ホワイトニング装置MD666

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp