製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 抜歯後、入れ歯を入れないと

抜歯後、入れ歯を入れないと

 

ある歯を失った人にとって、1本、2本は大したことではないことかもしれません。一側の歯を失ったら、もう一側を利用すればいいのと言う言い訳になります。


専門歯科医師の話によりますと、歯を失ったら、或いは抜歯の後、長期間で入れ歯を入れなければ、口腔内整体に悪い影響を齎します。


一側の歯を排廃置し、使用しないようにしたら、この側の歯が歯周病や、虫歯になりやすくなってしまいます。そして、もう一側がよく使われるため、重い負担で消耗しやくなり、食物残留も容易くなり、歯周病や虫歯もまたかかりやすくなります。


また、長期間で歯がないと、元の隣の歯も傾けてしまう可能性があります。さらに、咬合も悪くなります。


ある病症が重い患者が、口を開くぐらいも難しくなり、関節にも問題が起こってしまいます。この時に、治療が散々になります。


もう一方から言うと、見た目も良くないので、抜歯の後、是非入れ歯を入れてください。

 

SINOL®歯科用高速タービ/ハンドピースADS トルクヘッド プッシュボタン式(カップリング付き)

SINOL®歯科用高速タービ/ハンドピースADS トルクヘッド プッシュボタン式(カップリング付き)

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp