製品を検索する
位置: ホーム > 文章 > 歯科知識・情報 > 歯科矯正の影響

歯科矯正の影響

歯科矯正は口腔内の奇形歯、悪い歯並びの改善に著しく効きますが、下記のような影響を発生させるのは可能です。でも、殆ど心配は要りません。

 

1、痛み

歯周膜内の神経は外界からの圧力にかなり敏感ですから、矯正する時与える圧力によって、痛み、不快感があります。一般的に矯正始めから2~3日間内だんだん軽くなり、消えていくから余計な心配をしなくてもいいです。

 

2、歯根への影響

歯の移動中では、歯根の表面も吸収、増殖などの建て直しの活動をしています。歯根には自己修復能力があるので、矯正具後、すぐ正常に戻れますし、歯根の微量喪失は歯の効能性に影響を与えません。

 

3、歯肉炎症

矯正器具のブラケットを被っている人にとって、口腔衛生を保つことには難しいので、歯肉の炎症も時々あります。

 

4、歯髄への影響

矯正時期に、軽度の歯髄炎になる可能性があります。でも、永久の損傷を起こらなくて、歯髄の活力にも影響ありません。

 

5、歯が緩くなる

矯正の際に、歯が緩くなります。それは、歯の移動に歯槽骨の変動、歯周膜の再生をしていますから。歯の移動が済んだら、正常に戻れますので、あまりご心配をしないように。

 

患者さんにとって、矯正歯科のについての知識を少々身につけたほうがいいと思います。ご不明な点があれば、歯科先生に気軽にご相談してみてください。

 

Woodpecker®UDSシリーズ根管治療用チップE4D(EMSと交換、5本入)

 


より多くの歯科機器をお探しならAthenadental.jp