製品を検索する

歯科材料・機器

売れ筋商品ランキング
位置: ホーム > 人気カテゴリ > パルスオキシメーター・SpO2モニター > 血中酸素濃度計(パルスオキシメーター)CMS-50E USB+SW

血中酸素濃度計(パルスオキシメーター)CMS-50E USB+SW

  • 商品価格

    通常価格(税込):31,890円

    セール価格(税込):21,260円

  •  
    Point 1 10 ポイント
  • この商品をお買い上げするとギフト付:10 score
  • 仕 様:
  • 数 量:

  • カードに入れる お気に入りに入れる

  • 商品情報
  • 商品問合せ・商品レビュー
  • 交換・返品・配送情報

血中酸素濃度計(パルスオキシメーター)CMS-50E USB+SW

「パ ルスオキシメータCMS-50E」はフィンガーチップ型(指先一体型)で、電池込みでもわずか50gという軽量ながら、低脈波、直射日光下などの悪条件下 でも精度の高い測定を可能にしました。軽量・コンパクトで常に携帯できるという利点から、病棟、病院外来、介護老人保健施設、訪問看護ステーションなどの 医療機関での使用は勿論のこと、患者様の外出先での使用にも、屋内外を問わず高精度な測定データをご提供します。

本製品は、米国のFDAおよびヨーロッパ、CEによって認定されました。

 

 

パルスオキシメーターの測定原理 

測定部に赤外光と赤色光を照射し光センサでその部位の動脈血による脈波信号を検出し、赤外光と赤色光の脈波信号レベルの比から動脈血酸素飽和度を測定します。
血液中の酸化ヘモグロビンと還元ヘモグロビンは赤外光と赤色光の吸光度が異なります。
この特性の違いを利用して酸素飽和度を知ることが出来ます。 


パルスオキシメータの主な使用用途 


●手術・麻酔時のモニタ 

●呼吸管理

●睡眠時無呼吸患者のモニタ

●在宅患者酸素療法患者のモニタ 

●喘息患者のモニタ

●登山などの標高が高い場所でのモニタ 

●その他


主な特徴

●プローブ(測定端子)が、本体と一体型で小型・軽量タイプ

●操作簡単、低消費電力

●計算された動脈血中酸素濃度(SpO2)を表示

●脈拍数:1分間当たりの拍動数(BPM)を表示。

●脈波波形表示

●表示モードを変更することができます

●画面の明るさを調整することができます

●電池残量表示

●低電圧表示:アラーム機能付きで、異常に働く前に表示されますu

●SpO2値とストレージ·データがコンピュータにアップロードすることができます

●リアルタイムデータはコンピュータに送信することができる

●指を自動検出し、電源は自動でON/OFFします。

●指がプローブから外れた場合には、5秒以内に電源が自動的にオフになります。

●RFワイヤレス通信機能(オプション) Ver6.6R以上に適用

外部オキシメータプローブ(オプション)(CMS50EW、Ver6.6Rのみに適用またはCMS50Eの上記と接続u

 

主な性能

●表示:1.3 "65K OLED表示

●画面解像度:128* 96

●動脈血酸素飽和濃度(SpO2)の測定範囲:0%〜99%

●測定精度:70%〜100%:±2%。、70%以下規定せず

●脈拍数(PR)測定範囲:30~250拍/分

●測定精度:±2 BPMまたは±2%(大きい値を選択)

 

弱い充填状態での測定性能

●動脈血酸素飽和濃度(SpO2)と脈拍数(PR)は、パルス充填率は0.4%であるときに、正しく表示することができます。

●SpO2の誤差は±4%、PRの誤差は±2 BPMまたは±2%です。(大きい値を選択)

●人工光や屋内自然光の状態で、暗室の測定値との偏差が±1%より小さい。

 

●消費電力:100mA以下

●電圧:DC3.6V〜4.2V

●電源電圧:3.7V充電可能なリチウム電池1本

●バッテリ寿命:20時間

●充電回数:500回ぐらい

●安全タイプ:インテリアバッテリー、BFタイプ

●寸法:57(L) × 32(W) × 30 (H) mm

●重さ:50gぐらい(電池含む)

 

付属品

●本体

●吊りロープ

●データケーブル

●取扱説明書

●ディスク(PC用ソフトウェア)

●電源アダプタ(GTM41076-0605; CMS0105)

 


オプション

●パルスオキシメータプローブ

●RFワイヤレスモジュール "(Ver6.6R以上に適用)

 

 

 

 

 

歯科器材技工商品はATHENADENTAL.JPまで

この商品を見た人はこんな商品も見ています
チェックした商品の履歴

    現在表示可能な、カテゴリ履歴はございません。